• 会社・事業所勤務
  • リーダー・管理職
  • 仕事と子育て、介護の両立
  • 女性が少ない分野

短時間勤務を活用しながら、医療系システム開発でリーダーシップを発揮。いつも明るく組織全体の盛り上げ役!

濱田 昌美さん面談可
株式会社フェニックスシステム研究所

新卒時に東京のメーカー系企業に就職、ITシステム開発業務に従事。
28歳で宮崎にUターンし、入社。
以来、様々な規模、業種のシステム開発を行い、現在は医療系システムの開発や導入作業を行う。
結婚後、2度の育児休業を経て、時短勤務も活用しながら仕事と家庭を両立。
同僚や部下の信頼も厚く、働く女性のロールモデルとなってくれています。

この会社に入社したきっかけは?

宮崎市内の普通科高校卒業後、福岡に進学、いったんは東京のシステム会社に就職したのですが、「福岡事業所がなくなるからもう九州には帰れないと思っていてください。」と言われ、退職を決意しました。

26歳で帰郷し高校の先輩方に今の会社を勧められ、入社しました。東京の頃と仕事は似ていましたので、システム系に拒否感はなかったです。新卒当時は、モニターの繋ぎ方さえわかりませんでした。今は小学生からパソコンを使用する時代ですが、私のころは入社してから現場で覚えるのが当たりまえでしたので、学びながら仕事をしていましたね。

入社した当時は同世代も多く、休みの日には同僚と飲みや遊びに行ったりと、20代はとても充実していました。

その後、31歳で結婚をするのですが、当時は結婚したら辞める風潮の中、私の他に2人結婚退職することになり、私は辞めるタイミングなく今にいたるという感じです(笑)

  • 1992年 福岡の短大を卒業後、東京で就職
  • 1997年 宮崎に帰郷
  • 1998年 株式会社フェニックスシステム研究所入社
  • 2003年 結婚
  • 2007年 長男出産、育休
  • 2008年 職場復帰
  • 2010年 次男出産、育休
  • 2011年 職場復帰

お仕事の内容を教えてください。

色々な部署があり、仕事内容は部署によって違います。
現在は医療系システムの開発、テスト、現地導入作業を行っています。電子カルテ、注射や薬のオーダーなど、病院の基幹システムであるため、他メーカーや医療関係者の方と綿密な打ち合わせを行い、既存システムのカスタマイズを行っています。医療系システムは一歩間違えれば命に関わるシステムであるということを、開発メンバーと共に肝に銘じ、日々作業を行っています。

医療の専門用語は、最初は何も分からなかったですが、現場で覚えていきました。基本知識がなくても現場やネットなどで調べて学びます。例えば、「じょくそう」とは床擦れなのですが、聞いた時は意味がわからなかったですね。

仕事と家庭の両立について

長男が小学校4年生で次男が1年生です。

私の実家は宮崎市内ですが、新富町にある夫の実家の敷地内に住んでいます。夫の実家は水産業をしていますが、実家の仕事を手伝ってとは言われませんし、結婚後も仕事を続けることには夫も賛成でした。夫は家事に関してはあまりしませんが、長男と一緒にテニスに励んでいます。水筒の準備だけはしますね。

2度の出産時には産前休暇と1年の育児休暇を取りました。すでに取得されている人が何人かいたので、制度も利用しやすかったです。育休中にも上司がこまめに連絡をくれたので、2ヶ月に1度くらいは子どもを連れて会社に行き、部署にも顔を出していたので、復帰時の不安もありませんでしたね。

保育園の送迎は私がやっていますので、時短勤務制度が大変役に立っています。5.5時間が規定なので、9時半~16時半に指定させてもらっています。お客さんとの交渉があったりするので、17時半とかになる場合もありますが、保育園に間に合えばいいと考えています。部署のみんなも時短者の帰りが遅くなると心配してくれます。いい部署だと実感しています。
実は、時短勤務制度は小学校入学までのため、下の子が小学生になる時が会社の辞め時かなと思っていたのですが、他からも要望があったことから、小学校卒業までに制度が延長されまして、下の子が落ち着くまでは、時短制度で利用させてもらおうと思っています。


ーー出張も行かれるのですか?
結婚前は1年間出張というのもありましたね。子どもがいる女性の出張はあまりないです。あっても短期出張だけです。今の業務は、立ち上げ当初から一緒に仕事をしている方々ですので、事情を承知して頂いた上で事前に日程なども調整していただいています。出張の時は私の実家に夫も子どもも泊まり、実家から保育園や仕事に行ってもらったこともありました。結婚前から出張はありましたので、夫も驚くことなく協力してくれます。

【長野課長のコメント】
毎日とても明るく仕事をしています。プロジェクトリーダーとして数名の部下を率いてお客様との調整やメンバーの管理、部下の育成に力を入れています。また組織の改善提案やイベント開催のきっかけを作るなど非常によく気が利き、組織全体の盛り上げ役としても活躍しています。同僚や部下からの信頼も厚く、みんなの相談役にもなっています。

趣味やストレス解消法などありますか?

結婚する前から、パン作りを始め、15年くらいはパン教室に通っています。
そこでいろんな人と出会えます。パン教室での繋がりで、聴覚障害の人にパン作りを教えるのを手伝いに行ったりと、いろいろ勉強になります。
家でも、パンやピザを作っていて、たまに会社に届けたりもします。

社内でのイベントや忘年会や新年会、所属部署での女子会や虎年の人を集めた虎子会など家族で参加できる機会も多く、社内のコミュニケーションも楽しいですね。

これから社会に参画する女性の皆さんにメッセージ

何でも大変と思わずに楽しく!
あんまり辛い、辛いと思うと辛くなるし、楽しいと思うと、楽しい。

理想を高く持ち過ぎず、完璧にやろうと思わずに、たまには、まぁいいかと思うことも大切。
コミュニケーションを取って、毎日楽しく仕事をしていくのが長く続く秘訣だと思います。

株式会社フェニックスシステム研究所

生活に密着した幅広い分野のソフトウェア開発を行っており、100年後も社会から必要とされる企業を目指しています。

【出産した女性従業員の全員が育児休業を取得】
事務職員だけでなくソフト開発技術者も育児休業を取得。休業前のポジションに復帰しています。

【育児短時間勤務制度の充実!】
就業時間の中で5.5時間以上を届け出て勤務できます。小学入学までの制度を社内のニーズにより小学校卒業まで制度を延長しました。

社員数185名、うち女性56名

  • 宮崎県宮崎市佐土原町東上那珂16079-35 宮崎テクノリサーチパーク内
  • ホームページ
面談可

この方と直接会って、経験談やアドバイスを聞くことができます。

ご相談は男女共同参画センターまで(電話:0985-29-8544)

お問い合わせフォーム

お名前
メールアドレス
ご相談内容
認証
※表示文字を入力してください。   CAPTCHA Image 画像変更